二次審査配信期間:配信終了
料金:無料
<あらすじ>
ごくごく普通の、ごくごくありふれた父娘の、どこにでもありそうな、一夜の小さな物語。
<製作意図>
ごく普通の人たちの日常を描きたいと思いました。その中でも、父親と娘という微妙な関係性に焦点を絞り、離れて暮らす一組の父娘のちょっとしたエピソードを描き、短い作品でも、父と娘の歩んで来た人生が見て取れる様な作品を目指しました。
<キャスト>
菅井玲、入江崇史、貴玖代
<スタッフ>
監督:松本動
音楽:鈴木光男
日本/2018年/16分/日本語
Similar Posts

11 コメント

  1. この親にして
    この子あり

    1. はい、その通り。(^m^)

  2. どこにでもいる父娘の距離感の描き方がいいですね。夜の立川の街も素敵に写っていました。

    1. ありがとうございます。m(_ _)m

  3. ご覧頂いた皆様、これからご覧になる皆様
    ありがとうございます!
    是非是非、拡散して頂き、沢山の方々にこの作品をご紹介頂けると幸いです。

    1. 無料配信、いよいよ残り、後20日です。
      よろしくお願い致します。

  4. ラストのタバコの仕込みがエンドロール後で最後の最後に、そうかぁと。娘と父の距離感が自分の父ともあんな感じだったなと、しみじみしました。

    1. ご覧いただき、ありがとうございました。
      この「公衆電話」には続編の「カセットテープ」という作品もございますので、機会があれば、そちらも宜しくお願い致します。

  5. 父と娘が前後に歩いているシーンを見て、子供の頃の自身の父との関係性を思い出しました。父をもう少し大事にできそうです笑。

    1. ご覧いただき、ありがとうございました。
      この「公衆電話」は父娘が”歩く”という事で会話をさせる。という所に一番重きを置き、歩くシーンの撮影に一番時間を掛けました。
      ですので、その歩くシーンでそう感じて頂けて、大変嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA